野菜が不足すると

野菜ジュース

野菜に含まれている栄養素は元気な体を作るのに欠かすことは出来ませんので、日頃の食生活で意識して摂り入れるようにしましょう。これまでの日本の食生活は野菜や穀物を中心とした食生活でしたが、近年食の欧米化が進み肉や加工品といった食品が中心の食生活になってしまっています。
野菜不足になることによって不足する栄養素として挙げられるのが、ビタミンやミネラルです。ビタミンやミネラルが不足してしまうと体の抵抗力が低下してしまいますので、病気にかかりやすく治りにくい体質になってしまいます。
風邪や病気のウィルスに負けない体を作って毎日パワフルに過ごしたいという方は、野菜を積極的に摂取していきましょう。また、緑黄色野菜には活性酸素を除去する抗酸化作用があるものが数多くありますので、いくつになっても若々しい体を保ちたいという方は積極的に野菜を摂取していきましょう。
野菜にはカルシウムの調整に深く関わっているビタミンDが含まれているので、成長期のお子さんがいる家庭では体の発育を促す為に野菜を積極的に食べさせて挙げましょう。成長期のお子さんが野菜不足になってしまうと、ビタミンDが不足して身長や歯の生え変わりに悪影響をもたらしてしまいます。
年齢を重ねた方が野菜不足になってしまいますと、カリウムが不足して塩分の排出が滞ってしまい、高血圧を引き起こしてしまいます。野菜不足による高血圧を引き起こしてしまいますと、脳梗塞などの命に関わる大病を引き起こしてしまいますので注意が必要です。

生野菜を摂取

スムージー

毎日の食生活で野菜が不足していると感じる方は、野菜と果物をミキサーに入れてつくるグリーンスムージーで野菜不足を解消しましょう。
グリーンスムージーであればミキサーに材料を入れてスイッチを入れるだけですぐに作ることができるので、時間が無いという方でも毎日手軽に野菜を摂取することが出来ます。グリーンスムージーを摂取するメリットとして挙げられるのが、生野菜でしか摂取することが出来ない栄養素を効率よく摂取することが出来るという点です。
生野菜に多く含まれている酵素などは加熱調理をすることで壊れてしまいますので、加熱をしない生野菜を使って作られたグリーンスムージーならしっかり摂取することが出来ます。生野菜のサラダなどでも酵素を摂取することが出来ますが、生野菜はかさが多くたくさんの量を食べることは非常に難しいです。簡単調理で多くの酵素を摂取することが出来るグリーンスムージーで、健康で美しい体を維持しましょう。
グリーンスムージーを作る際は、野菜と果物を材料にしますが、野菜であれば何を使っても良いというわけではありません。でんぷん質の野菜や豆類は避けて、緑の濃い小松菜やホウレンソウといった野菜を摂取するようにしましょう。
グリーンスムージーの適量は一日1~2リットルほどですので、朝にまとめて作って一日のウチで何度かに分けて飲むと良いでしょう。グリーンスムージーを飲む際は、最低でも間隔を40分ほど空けるように心がけましょう。

スムージーの関連記事
  • 飲めば痩せる!すっきりレッドスムージーの口コミ、評判はホント?
  • マイブレイクレッドスムージーで痩せる?口コミで高評価のワケを調査
  • ダイエット革命始まる
    からだあいかんのスーパーフードスムージー!口コミや効果を知ろう!
  • 飲料
    カフェデスムージーはダイエット効果が低い?利用者の口コミを比較
  • 野菜ジュース
    健康体に欠かせない生野菜の栄養成分を効率的に摂る方法
おすすめの記事