規則正い生活を送る

ニキビは早めに治すこと

女性の顔

ニキビができたら早めに治療をすることが大切です。そのままにしておいたり、いじったりするとニキビ跡になって残ることがあります。
ニキビは正しいホームケアをすることで改善できますが、凸凹のニキビ跡になってしまうとホームケアで完全に修正するのは不可能です。 ニキビはホルモン分泌の影響や皮脂分泌が過剰になることで起こります。
オイリー肌用の洗顔石鹸で洗顔をして清潔なタオルで拭くこと、不潔な手で触ったりしないこと、脂っこい食べ物はできるだけ避ける事が大切です。
夜更かしや不規則な生活をしていることでもニキビができ易くなります。規則正しい生活習慣を心がけることはニキビにはもちろん、アンチエイジングにも効果があります。

フラクショナルレーザーによる治療

ニキビ跡のクレーターは、ラジオ波やレーザー治療器、光治療器、ピーリング、イオン導入などの治療で元通りの肌に戻すことができます。 フラクショナルレーザーはニキビ跡のクレーターに有効なレーザー治療器として知られています。
フラクショナルレーザーをクレーターに充てると表皮に小さな穴を開きます。その小さな穴が元となって古い皮膚が新しく再生されます。それによってクレーターの凸凹が滑らかになります。
フラクショナルレーザーはリフトアップ、小皺治療、美白治療にも用いられているレーザーです。クレーターを改善するだけではなく、トータルで美顔効果があります。他のレーザーと比べてワンショットあたりの料金がお手頃なので通いやすいのも魅力です。

ニキビ跡治療

レーザー治療でくぼみが治る

治療を受ける女性

クレーター状になったニキビ跡は美容皮膚科クリニックで専門的な治療をして消すことができます。美容皮膚科で出来るニキビ跡のクレーター消しの治療には、レーザーによる治療、フォトフェイシャルによる治療、極細の絶縁針を使って行う治療、ピーリング、外用薬による治療などがあります。
ニキビ跡の治療の中で一派的なのがレーザーを使った治療です。ニキビ跡のクレーターレーザーを照射することで皮膚表面を傷つけずに皮下組織のみにダメージを負わることができ、その治癒の過程でクレーターのへこんだ部分を治すことができます。
レーザー治療はレーザーの種類によって効果の出かたが違い、一回で終わる場合もあれば、数回の照射が必要になる場合もあります。

美肌効果もあるフォトフェイシャル

ニキビ跡で使用するレーザーや光治療器にはコラーゲンを生み出す働きがあるため、しわやたるみを改善するアンチエイジング効果もあります。特にフォトフェイシャルはしみ、しわ、たるみ、毛穴、肝斑、くすみなど治療によく使用されている肌のトラブルを何でも解消してくれるマシンですが、ニキビ跡にも効果的です。
フォトフェイシャルを顔全体に照射するとコラーゲンや女性ホルモンのエラスチンが活性化されます。それによってお肌の若返りができます。フォトフェイシャルは一回1万円くらいで出来ます。3〜4週間に一回のペースで合計5回くらい繰り返すとさらに高い美肌効果が得られます。施術時間は30分ほどで、施術直後からメイクができます。

おすすめの記事